木目込人形の作り方
磨き方
1.木目込人形のボデイに人形のお顔の首回り、手首などをいれる穴をあけます
   布をいれるため、一回り位大きめににします
   手は、もし雛人形のように持ち物がある場合は持ちやすいように穴をあけます。

2. 紙やすりを2つ折にしてボデイを、ガラスの表面のようになるよう磨きます
    丸みのあるところ、角になっているところなどのメリハリがつくようにします。

3. 欠けたところは修正粉で粘土細工のように修正します。
   溝は均一の幅、深さになるように木目込のヘラや修正粉で作りなおします。

4. 修正したら半日〜1日置いて再び2.の要領で磨きます
   
きめこみ方

1. ボデイの溝に糊をつけ、布を直接あてがって木目込み.布に跡をつけます
   その時、布目の縦横を間違えないようにします。

2. 布をはずして、木目込んだ跡に添ってハサミをいれ、余分な布は切り取ります
   くれぐれも、切り過ぎないように最初は1cmくらい多めに切り取ります

3. 再び、溝に糊をいれて布の先が溝の奥にきちんと納まるように、ハサミで余分な
   布を切り取り、木目込みます
     その時布を引っ張っぱり過ぎたり、こすりすぎたりしますと布に艶が無くなったり、
     毛羽立ったりしますので、気をつけてください
     布がボデイに自然にフイットする様にきめこみます。


4.  溝に余った布を無理に押しこむと布の先がはみ出たり溝が太くなったりします

磨くときも、木目込むときも上記工程を何度も繰り返して
見た目もすっきりと仕上げて行きます。

首回りや手の回りのきめこみ方
     襟や袖口の布を多めに残し、布を仲にいれボンドで布を固定します。

底のきめこみ方
      布が表から底に回る部分は、底を最後に決込むとシワになり、人形をたたせたとき
      安定しません。 底部分がシワにならないように、最初に木目込む位にしてください

5. 全部木目込んだら布がたるんでいないか、溝から糸がはみ出していないか確認して、
   良くないところは、もう一度やり直してください

6. 最後に頭や手をつけます。どちらが先でもいいです。
   頭をつけるとき、人形のあごを引いてキリリとした感じに仕上げます
   そしてお顔の方向や傾け方を色々研究して作者にとってもそのお人形にとっても一番
   可愛いと思える表情をつくってあげてください
     雛人形等、2対の人形の場合、双方のお顔が勝手な方向に向かないように
     同時につけます


戻る